FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

志賀島

image_16.gif

福岡のダイビングのメインスポット。
市内中心地から車で1時間弱という利便性のよさがウリ。
東海岸にポイントが並んでおり、夏の南や南西の風向きの時期は海が穏やかなため、安定して潜れます。
冬は透明度が10m以上になることも多いです。ただ季節風の影響で荒れる日が多く、潜る機会は減ります。
東海岸には赤瀬、黒瀬、白瀬などのポイントがあり、それぞれのポイントで水中景観が少し異なります。
いずれのポイントも、更衣室・トイレ・自販機・駐車場などの施設はがありません。
潜ったあとは休暇村や勝馬の旅館で日帰り入浴をして帰ることができます。

M4229976.jpg
ビーチエントリーです▲

M4228919.jpg
夏~秋は季節来遊魚がいっぱい▲


冬はボラの大群によく遭遇します。▲


image_21.gif


【白瀬】
エントリー・エキジットが一番楽なのは白瀬ですが、夏場はダイバーが多く集まり、小さな浜辺が混雑してしまうのが難点です.。
ナビチェーンが水底に張ってあり、その途中に黄色のブイ(P1)が設置しています。そこのエリアは講習ポイント、餌付けポイントにもなっています。
また白瀬の沖には「メバル瀬」「ハナレ瀬」「イカ玉瀬」などのポイントが点在しています。

白瀬 (2)

 
【黒瀬】
大潮の満潮時に潜ると水深18mのポイントまで行けます。(ただし帰りは残圧の問題から長い水面移動でのエキジットになります。)
魚影は白瀬よりも濃いです。
急な階段、そしてゴロタ石を歩いて行くのでエントリー、エキジットが難儀。

黒瀬(2)
 
【赤瀬】
志賀島の先端。多くの瀬があり、たまにカンパチやヤズ(ブリの子供)などの回遊魚も遭遇できます。
が、崖から降りていくのでエントリーやエキジットが難儀です。また時間帯によっては潮流がきついので、経験の少ない方や体力に自信のない方には不向きです。
西風が吹くと波があたって潜れない。

赤瀬


image_23.gif

■備考
①志賀島で潜る際は事前に志賀島漁協にFAXで人数報告をしなければなりません。
②上記表のウェットかドライかはその日の天候、寒さに強いかどうか、スーツの素材、インナーの有無、などで人それぞれ違います。
③ダイビング中にサザエ、ウニなどの海産資源を捕獲することは法律で禁止されています。

情報提供
トリトンダイビングリゾート
トリトンHPへ

tag : 福岡 志賀島 ダイビング 安対協









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。