FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漁協との協定、自主規制などの情報

現在行っている漁協との協定及び取り決め事項です。
安対協の会員が利用している代表的なポイントです▼

【志賀島地区】
志賀島の地図が記された指定用紙(A4)に、潜水位置・時間・潜水目的・人数・責任者と電話番号を記入して潜水前に志賀島漁協へFAXしなければなりません。
※その用紙をお持ちでない方は事務局へご連絡下さい。
092-621-3922
 
自主規制として、定置網の道網近辺(50M)では潜水を自粛してください。 

【恋の浦地区】
津屋崎漁協と2000年までは取り決めがありましたが、現在はありません。
行政と漁協が取り決め会議の開催を行っていないため、現在は何の規制もありません。
但し、漁協の一部では5月~7月にかけて水イカの定置を入れるため、砂浜より近辺の階段近くに旗竿を入れています。この時期はそのエリア付近での潜水は控えましょう。
またウミガメの産卵予想時期(福津市うみがめ課に確認)はナイトダイブの実施を控えましょう。

【西浦(二見ケ浦)地区】
漁協との問題は現在発生しておりません。安全に留意して潜水してください。

【長崎辰の口】
香焼漁協へ事前に潜水の申入れが必要です。
指定の用紙に人数を明記しFAXする必要があります。
漁協とは駐車場費を含めた施設利用料を支払うことで合意しています。
長崎地区の安対協が主となり協定を結んでいます。
福岡地区の安対協もその協定通りに従い、辰の口の利用を行っています。
詳細は事務局にお尋ねください。

【その他】
玄海島および他島で潜る場合は一応漁協に連絡を入れ、漁の状況を聞いて潜水した方がトラブルが発生しないと思われます。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。